心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

読書塾

図書室は推理に満ちている!米澤穂信さんの本と鍵の季節を読んでみた

更新日:

ども♪小説家は米澤穂信さんが好きなマコトです。

今回は2018年12月に発売された、本と鍵の季節を読んでみました。

なんでも米澤穂信さんの2年ぶりの新刊のようです。

目次は以下。

目次からではどんな内容かわかりませんね(笑)

ただ、読み終わると、ああ!だからこんな題名にしたんだ!!とわかります。

個人的には内容が想像できないので想像力を掻き立てる良い目次だと思います。

 

今作は図書委員の高校生男子二人が主役の謎解き青春ミステリで全6編収録の連作短編集でした。

読む豆は古典部シリーズっぽく、青春と推理が絶妙にマッチしていて爽快な内容を想像していたのですが、ちょっと違いました。

1編から4編までは賢い高校生がありそうでない非日常に巻き込まれるって感じですが、5、6編が…

「ブルータス、お前もか」って言ったカサエルの気分でした。

今作の主人公は堀川くんと松倉くん。

高校2年生の図書委員である堀川次郎と松倉詩門の二人が、利用者のほとんどいない放課後の図書室に持ち込まれる謎に挑む様子が描かれています。

堀川次郎は童顔で頼まれ事の多い人物。今作の6編は全てこの堀川が「僕」として語り手を務めています。

松倉詩門は背が高く顔もよくて目立つ存在。「快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋のいいやつ」と、語り手の堀川は行っています。

図書委員をするような高校生なので、落ち着いているのか、ふたりともかなり大人な態度で物語は進みます。

私が高校生の時は言動も行動も馬鹿丸出しだったんですけどね〜。文化系だと違うんですかね。

私が知ってる限り、コンビもののミステリで一方が語り手を務めている場合は、もう片方が探偵役で語り手はその探偵の助手的役割をし、活躍を読者に伝えるワトスン役方式を採られることがほとんどだと思います。シャーロック・ホームズのホームズとワトソンみたいに。

ただ、この『本と鍵の季節』ではそうではなく、堀川と松倉の二人ともがW探偵役を務めています。

互いに考えを補い合って真相を導いていく形ですね。

小説の中で、「俺にとって、疑うってのは性悪説だ。自分に笑顔で近づいてくる人間はどいつもこいつも嘘つきで、本音を見抜くにはこっちにも策がいると考える。ところがお前は、そうじゃない。性善説と言えば言いすぎだが、相手の言葉の枝葉に嘘はあっても、その根底にはなにか真っ当なものがあると信じている節がある」

上記は松倉が堀川の事を称していうセリフがあります。

それぞれ違ったアプローチが出来るということで、足りない部分をお互い補いながら謎を解明していきます。

堀川と松倉のアプローチの違いが後半で謎を解く鍵になっていきます。

序盤は松倉の謎解きがクローズアップされていますが、後半ではいつのまにか堀川の謎解きに主軸が移るという構造です。

図書委員活動に着眼されている設定もなかなか珍しいですよね。

これはこれで面白いと思うんですが…

なんだかモヤッっとするおわり方なんですよね。

高校生なのに深い闇抱えてるな〜と感じる内容。

大人びていてもここまで色々考え闇を感じることは高校生には難しいと個人的には思うんですけどね。

今の高校生は違うのかな?

これが、大学生だったら納得のないようなのですが、高校生にしては大人びすぎている感じです。

続編があるかわかりませんが、松倉くんの正しい行動を期待しています。

いろいろ書きましたが、面白かった!







お・す・す・め・!

1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-読書塾

Copyright© 心ゆく日並 , 2019 AllRights Reserved.