心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

人生 転職・キャリアプラン

日本企業で副業が原則OKへ。サラリーマンは自己防衛策が必要な時代

投稿日:



ども♪サラリーマンの給与以外の収入が沢山ほしいマコトです。

サラリーマン副業時代へ

知ってました?

これまで企業で基本的に禁止されていた副業・兼業ですが、2016年末の政府の宣言により、自由に副業できるようになりました。

リクルートキャリアの調査によると、全就業者のうち副業をしている就業者は約234 万人(3.6%)、副業を希望する就業者は約368 万人(5.7%)のようです。

昔は年功序列で給料が年を取るごとに増えていきましたが、昨今の会社の業績不振などで給与が上がらない人が増えているので給与以外の別の方法で収入を増やそうという人が増えているから副業をしようと思っている人が増えていると思います。

なぜ解禁になったのか

経済活性化への期待が大きいようです。

副業や兼業をすることによって、自分が所属している1つの会社に留まることなく新たな発想で事業を起こし、日本の経済全体がより活性化することが目的としてあるようです。

また、サラリーマンとしても給与以外に収入があれば、いつでも辞めたるわ!って気持ちになって伸び伸びと仕事が出来るのでパフォーマンスが上がると思いますしね。

会社と閉塞的な関係だとどうも気持ちが縮こまっちゃって本来のパフォーマンスを出せないと思いますしね…

実は、私はボランティア団体に参加して5年程度、社外で活動していた経験があります。

その経験から、仕事以外に活動の場を広げると、視野が広がりますし、新しい仲間が出来るので、人生に張りができます。

仕事で辛いことがあっても、他に自分の居場所があると、気持ちが良い意味で切り替わってまた明日から頑張ろう!って気持ちにもなりますしね。

ボランティアばっかりやっていたので今年からはお金になることをプライベートでやりたいな〜と思い、ブログを書き始めました。

私の目標は目指せ!会社をいつでも辞めたるわ!って言えるように副業の収入を増やすことです。

副業を行うメリット

個人的に3つの大きなメリットがあると思います。

  1. 収入が増える。
  2. 本業以外の視野が広がる。
  3. 本業が危なくなっても金銭面でリスク回避が出来る。

副業を行うデメリット

デメリットもあります。

  1. 本業が忙しい場合、副業が疎かにになってします。
  2. 自由な時間がなくなる。
  3. 確定進行をしなければならない。

人間はは自分の努力は惜しむくせに、他人への嫉妬だけはいっちょまえにする。

私は嫉妬はできるだけせず、精一杯生きたいと思っています。







お・す・す・め・!

no image 1

マコトのプロフィール目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 ...

-人生, 転職・キャリアプラン

Copyright© 心ゆく日並 , 2017 AllRights Reserved.