心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

グルメリポート レトルト

辛い?そうでもない?ペヤングの激辛やきそばENDを食べてみた

投稿日:



ども♪辛いものを見ると食べたくなってしまうマコトです。

あまり辛いのが得意ではないので、すぐにお腹が痛くなるんですけどね…

つい食べてしまいたくなるんですよ。不思議です。

今回はまるか食品から発売されたペヤング 激辛やきそばENDを食べてみました。

今回はペヤング史上最強の激辛!体中が熱く燃え上がる一品!のようです。

調理方法、アレルギー物質、栄養成分は以下になります。

量の割にカロリーが554kcal、食塩相当が3.0gと多いですね。

安全・安心についてはこちらから。

原材料名はこちら。

原材料は成分の多い順に並んでいると聞いたことがあります。

そのことを勘案すると香辛料が最も多いと思いましたが違いました。

糖類や食塩、しょうゆが多いようです。

りんごピューレも香辛料より多いので食べる前から甘辛いのかな〜と想像できます。

開封してみると、かやくと激辛ソースが入っています。

かやくは普通のペヤングと同じと思われます。

ソースは激辛ENDに恥じない怖辛そうなパッケージです。

黒い袋の中に赤黒い文字で激辛ENDソースと書かれていました。

ソース袋の装飾から辛怖そうです。

調理方法どおり、かやくを入れ3分待ちます。

このとき、ソースを温めることを忘れずに。。。

ソースを入れる前は普通のペヤングですね。

茹でたキャベツの匂いが食欲をそそります。

ソースをかけてみます。

写真では分かり辛いですがソースが赤黒いです。

でも、匂いはそれほど辛そうではありません。

期待はずれかな…思ったより辛くないのかな?

…そんなふうに考えていた時期が私にもありました…

混ぜてみても赤くなく、見た目からは辛さを感じません。

では実食。

口に含んでみると、ペヤング特有の甘いソースの味が口の中に広がります。

やはり期待ほど辛くないな。。。と思った瞬間!

甘いソースの下から恐ろしい辛さが顔を出します。

カレエエエエエェ!!!

甘いと思った直後に辛さが来るのでそのギャップに辛さ以上に辛く感じます。

この甘さから辛さのギャップはレトルト史上初めてではないでしょうか。

旨味のある辛さが続くのではなく、甘さから突き落とされたような辛さ。

激辛ENDの名に恥じない商品だと感じました。

涙目になりながらも完食しましたよ!

ご馳走様でした!







お・す・す・め・!

no image 1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-グルメリポート, レトルト

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.