心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

グルメ 食べ歩き

浅草のSea One Diningで牡蠣を色々食べてみた

投稿日:



ども♪寒いのが苦手なマコトです。

ただ、夏よりも冬のほうが食べ物が美味しい季節なので、我慢できます。

11月に入り、今年も真牡蠣が美味しい季節になってきました。

ちなみに牡蠣の旬は真牡蠣(マガキ)が11月~4月、岩牡蠣(イワガキ)7月~9月とされています。

今回は浅草のSea One Diningで色々な調理方法の牡蠣を食べて来ました。

左看板のローストビーフ丼も気になりますが、本日のメインは牡蠣です。

写真はないですがまず初めに運ばれてきたのはかぼちゃのムース。

それに、ヘビーリーフのサラダ、前菜5品盛りでした。

そして、1番始めに運ばれてきた牡蠣は待ってましたとばかりの生牡蠣です。

小ぶりでしたが、ぷりぷりです。

お次は牡蠣ガーリック焼き

ガーリック油が牡蠣に絡みつき絶妙な旨味を出していました。

3番めは牡蠣グラチネ(グラタン)

小麦粉をつけてソテーされているのか旨味がぎゅっと閉じ込められ、ホワイトソースと絶妙なハーモニーを奏でていました。

箸休めの当店自慢のローストビーフ

店名がSea One Diningなので肉料理は期待していませんでしたが、普通にうまいぞ!

次は肉料理メインできても良いかも!?

5番目は牡蠣トマトチーズ焼き

ピザの牡蠣なんて不味い訳がない。美味しく頂きました。

最後の牡蠣料理はフリット

カキフライ食べたときも思うんだけど、牡蠣料理で一番美味しいのは衣をつけて揚げた料理だと思う。

どんな牡蠣料理よりも旨味が凝縮して、かつ衣に旨味が閉じ込められ牡蠣を余すことなく楽しめました。

本日のピザ

最後に〆のピザ。

炭水化物が食べたかったので楽しめました。

ご馳走様でした!

Sea One Dining
Sea One Dining
ジャンル:オイスター イタリアン
アクセス:地下鉄銀座線浅草駅 徒歩8分
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-11-7 和田ビル1F(地図
ネット予約:Sea One Diningのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 浅草×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2017年11月7日







お・す・す・め・!

no image 1

マコトのプロフィール目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 ...

-グルメ, 食べ歩き

Copyright© 心ゆく日並 , 2017 AllRights Reserved.