40代からの投資と健康

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

投資

日本の金利は指値オペの影響で膠着状態

更新日:

ども♪まことです

円安・ドル高が進む中、日本の長期金利に上昇圧力がかかっているが、日銀は10年国債利回りをプラスマイナス0.25%程度に維持するイールドカーブ・コントロール政策のもと、0.25%で国債を無制限に買い入れる「指し値オペ」を繰り返し、金利上昇を抑えています。

金利上昇のためには、金融政策が見直される必要があるが、黒田日銀総裁が任期を終える2023年4月まではその可能性は低いでしょう。

日銀は公式には為替を政策目標としていない以上、金融緩和の解除には物価目標の達成が必要になるが、一時的に物価上昇率2%となっても、物価目標の達成とはみなさない姿勢を明確にしています。

物価目標は生鮮食品を除いて算出した消費者物価指数 (コアCPI)で年率2%としているが、この目標も見直そうとしていません。

日銀の方針で金利上昇が抑制される一方で、金利を大きく低下させる材料はありません。

このため長期金利は膠着しやすく、10年国債利回りは当面、0.2~0.25%程度を中心に推移するだろう。

励みになるので押してくれると嬉しいです♪







お・す・す・め・!

1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

2

今回は暗号資産取引所であるコインチェックのメリット、デメリットを解説していこうと思います。結論から言うと、かなりお薦めな会社です。

3

ども♪まことです。 今回は暗号資産取引所であるディーカレットのメリット、デメリットを解説していこうと思います。 結論から ...

4

ども♪まことまことです。 AFPの記事にこんなものがありました。 AFP記事より 中国外務省報道官は24日の定例会見で、 ...

-投資

Copyright© 40代からの投資と健康 , 2022 AllRights Reserved.