心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

2ちゃんねる 雑学

怖い笑える話:メ、メリーです

更新日:



ども♪2ちゃん大好きなマコトです。

個人的に面白かった2ちゃんねるの笑える怖い話を記述します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある日、俺は午後になったあたりから体に妙な違和感を感じていた。

しかし霊感の「れ」の字もない俺は、体調でも崩したか程度に思っていた。

道行く人がたまに俺のほうを見てびっくりするあたり、顔色が非常によろしくないのかもしれない。

こういうときは酒を飲んで早く寝るに限る。

コンビニで引きつった顔の店員から酒を買い、その日は10時前には寝た。翌朝、しっかり寝たはずだが体の違和感は消えていない。

朝の準備を済ませた後でふと昨日は携帯を朝かばんに入れたっきりで、一度も出さずに寝てしまったことを思い出しあわててチェックしてみた。

・・・・・・・留守電12件、しまった、誰か緊急の用事でもあったのか、とりあえず再生せねば

「私メリーさん、今○○駅にいるの」

「私メリーさん、今○○大学の前にいるの」

「私メリーさん、今○○教室の前にいるの」

「私メリーさん、今あなたの後ろにいるの」

「私メリーさん、さっきからあなたの後ろにいるの」

「私メリーさん、あなたの後ろにいるんですけどー、もしもーし」

「もしもーし、メリーさんですよーいい加減気づいてくださーい」

「メリーです・・・取り憑いた人が鈍すぎるとです・・・めりーです・・・」

「うー、一日一回くらいは後ろ見るもんでしょ普通!」

「ほらほら、あのおじさんとかめっちゃ私のこと見てるよ」

「な、なんでうつ伏せで寝るの!いいかげんこっちみなさいよ・・・」

「えぅ・・・ぐすん・・・・メ、メリーです、この録音きいたらでいいので後ろみてください」

俺は背後の気配を確認すると、振り向かないで家を出て大学へ向かった。

その日俺の背後には、半べそかきながら後ろをついてくる少女がいたらしい。







お・す・す・め・!

no image 1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-2ちゃんねる, 雑学

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.