心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

Ubuntu プログラム

簡単!VMWare Player上のUbuntu18.04とwindows10で共有フォルダを設定する方法

更新日:



ども♪普段システムエンジニアをしているマコトです。

今回、VMWare Player上のUbuntu18.04とwindows10で共有フォルダを設定しました。

フォルダーを共有する

LAN内の別のパソコンからUbuntuの共有フォルダーにアクセスしたい場合は共有の設定を行います。

共有したいフォルダーを右クリックし、次にプロパティをクリックします。

今回、私はダウンロードフォルダを共有しました。

ローカルネットワーク共有タブを選択し、このフォルダーを共有するにチェックをします。

すると、このフォルダ内でのファイルの作成・削除を許可するゲストによるアクセス(ユーザーアカウントを持たない人向け)にチェックできるようになるのでチェックします。(私は誰にも接続されないことがわかっていたので2つともチェックしました。チェックはセキュリティなどの観点から環境によって変更してください。)

そして、共有を変更を押下します。

すると、共有サービスがインストールされていませんというダイアログが表示されるので、サービスのインストールボタンをクリックします。

インストールボタンをクリックしてインストールします。

パスワードを入力してください。

インストールが開始されます。

このままだと他のパソコンからUbuntuの共有フォルダーにファイル/フォルダーを書き込むとUbuntu側ではアクセス権がないため、怒られてしまいます。

端末で以下のコマンドを実行し、ファイルパーミッションの設定を変更します。

sudo sed -i s/¥;¥ ¥ ¥ create¥ mask¥ =¥ 0700/¥ ¥ ¥ create¥ mask¥ =¥ 0666/g /etc/samba/smb.conf

sudo sed -i s/¥;¥ ¥ ¥ directory¥ mask¥ =¥ 0700/¥ ¥ ¥ directory¥ mask¥ =¥ 0777/g /etc/samba/smb.conf

その後、Ubuntuを再起動すると設定が反映されます。

ご苦労さまでした!

 







お・す・す・め・!

no image 1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-Ubuntu, プログラム

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.