心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

勉強 数学

ブラックショールズモデルと動的マクロ均衡理論の理解への道② 中学校編1/2

更新日:



ども♪20年近く前、理系の大学に通っていたマコトです。

仕事で数学を使うことが多くなりそうなので、一から勉強しようと思っています。

とりあえず、数学の基礎の基礎から金融工学の基礎であるブラックショールズモデルと動的マクロ均衡理論まで理解したいと思います。

①では小学校までの算数を復習しました。

今回は、中学校の数学の復習をしようと思います。

 

中学校の数学の復習するのに私が選んだ本は大人のおさらいBOOK 基礎からわかる! 中学3年間の数学です。

すっかり忘れてしまった数学が丸ごと分かる!スラスラ解ける!と言う言葉が気になったので選びました。

また、中学校は課題も多いため、2回に分けて記述します。

まずは、正負の数から1次関数まで。

目次

  1. 正負の数
  2. 文字式
  3. 1次方程式
  4. 連立方程式
  5. 1次関数
  6. 展開と因数分解
  7. 平方根
  8. 2次方程式・2次間数
  9. 場合の数・確率
  10. 図形

感想&ポイント

連立方程式の解き方は2種類あっるって初めて知ったかも。

その解き方とは、代入法と加減法。

私は昔から加減法のみで答えを導いていたため、代入法の考え方は新鮮だった。
ちなみに、代入法とは

$$
\begin{eqnarray}
\begin{cases}
2x + y = −5 & \\
3 − x + y = 4 &
\end{cases}
\end{eqnarray}
$$

$$
2x + y = −5
$$


$$
y = -2x − 5
$$
に移項し、yがxの式で表せた所で、

$$
3 − x + y = 4
$$
に代入すると、xのみの式


$$
3 − x + (-2x + 5) = 4 \\
-3x=6 \\
x=-2 \\
$$
なので、 yは

$$
y = -2*(-2) - 5 = -1 \\
$$

復習って大事ですよね。

25年以上ぶりの復習で新たな発見がありました。

関連

ブラックショールズモデルと動的マクロ均衡理論の理解への道① 小学校編
ブラックショールズモデルと動的マクロ均衡理論の理解への道② 中学校編1/2
ブラックショールズモデルと動的マクロ均衡理論の理解への道③ 中学校編2/2







お・す・す・め・!

no image 1

マコトのプロフィール目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 ...

-勉強, 数学

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.