MENU



先週の相場と相場予想 米7月雇用統計が予想以上に強すぎる

ども♪投資が好きなFP&証券アナリストのまことです。

株式

ダウ平均は0.2%安の32803.48ドル、S&P500は0.53%高の4145.20ドル、NASDAQ100は1.86%高の13188.89ドルとなりました。

景気後退懸念が和らいだことにより、ダウ平均とS&P500は雇用統計後に上昇。

逆にNASDAQ100金利上昇懸念により下落。

金利&為替

雇用統計が予想以上に良かったため、週末にかけで金利上昇。

金利差拡大に伴い、ドル円も円安になりました。

米10年債金利は6.71%高の2.832%。

ドル円は1.36%安の135.026円になりました。

一時期、130.474円まで円高が進みましたが、円安基調に戻りました。

2022年7月5日から逆イールド継続中です。

−0.497%と大きく拡大しています。

景気後退は避けられそうにありません。

7月米雇用統計
非農業部門雇用者数 予想:+25万人 結果:+52.8万人
失業率 予想:3.6% 結果:3.5%
平均時給(前年比)予想:+4.9% 結果:+5.2%

景気動向を映す非農業部門雇用者数は前月比52.8万人増と市場予想の2倍。

米国は新型コロナウイルス禍で2200万人の雇用を失いましたが、これですべて取り返しました。

失業率は0.1ポイント低下の3.5%。

小数点以下2位まで取ると3.46%となり、コロナ直前の2020年2月(3.47%)を下回りました。

FRBの目標は物価の安定と雇用の最大化です。

雇用の最大化は達成しています。

物価の安定が損なわれているので、今年一杯は金利上昇しそうです。

現に、先週まで9月のFOMCでの利上げ予想は0.5%が大半でしたが、0.75%が多くなっています。

また、9月の利上げ予想の拡大に伴い、9月以降の利上げ予想も下の図のように変化しました。

先週までは2023年3月には利下げされる予想でしたが、同年7月の利下げ予想に変わりましたね。

暫くNASDAQは弱含みそうです。

今週

先週

今週の展望

先月、相場の大幅下落の要因になった、消費者物価指数(CPI)が10日、生産者物価指数(PPI)が11日に発表されます。

消費者物価指数の予想が8.7%、生産者物価指数の予想が7.8%。

予想よりも高い数値になった場合、FRBの金利目標が不十分との認識が広がり、相場の下落要因になりそうです。

先週買った銘柄

三菱総合研究所 2株

おすすめの本


励みになるので押してくれると嬉しいです♪

 

今、松井証券FX、松井証券でキャンペーンが行われています。
相場が低迷している今こそ小さな金額から投資を始めるのはいいかもしれません。

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション
LINE証券 FX口座開設
LINE証券
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次