MENU



【9/11】相場の展望 米3指標ともに4週間ぶりの上昇 

ども♪投資が好きなFP&証券アナリストのまことです。

先週の相場と今週の展望をまとめたいと思います。

目次

今週の展望

今週は3指標ともに4週ぶりに上昇。特に下落が大きかったNASDAQが大幅に上昇しました。

レバナス民はちょっとは安心したのかな。

今週は米消費者物価指数(CPI)、米生産者物価指数(PPI)が発表されます。

数字が予想を上回って、9月21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で1%利上げが意識されるようになれば、一層下落する可能性がありますね。

ただ、米国の中立金利が2〜2.5%と言われている中で、1%の利上げはないと思ってるんですよね。

9月からは米国債、MBSともに950億ドルの縮小を決定しているし、1%も利上げしたら、想定以上に景気後退の可能性が高まる気がする。

なんで、今週は1%の利上げが意識されて下落するようなら、リバウンド狙いの買いしようと考えています。

先週と比べて、FOMCの利上げ予想は凸凹している。

予想が錯綜しているのかな?

今週の上昇でFear&Greed Indexは41から45まで改善。

ただ、下落相場の上昇に見えるので、まだ下落する可能性は高いように思います。

米消費者物価指数(CPI)、米生産者物価指数(PPI)に注目ですね。

米消費者物価指数(CPI)は株価に影響を与えるので要注意です。

株式

ダウ平均は0.54%高の32,151.72ドル、S&P500は1.39%高の4,067.35ドル、NASDAQ100は4.33%高の12,581.73ドルとなりました。

3指標共に4週間ぶりの反発。下落が厳しかった指標ほど上昇しました。

今週は目立った経済指標の反発がなかったので、自立反発ですね。

株式にとって9月は最悪の月です。

1896年までさかのぼることが可能なダウ平均はマイナスリターン月です。

去年 2021年9月のダウ平均は4.29%下落しました。

リーマン・ブラザーズが破綻したのも9月、米同時多発テロ事件があったのも9月11日です。

9月に株式が悪いのは諦めるしかありませんね。

金利&為替

米2年債金利は5.07%高の3.565%、米10年債金利は3.79%高の3.314%になりました。

短期金利の上昇が著しいですね。

今週も、翌週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、利上げ継続を意識した債券売りが出て、金利が上昇しそうです。

欧州中央銀行(ECB)の利上げなどもあるので、暫く金利は上昇しそうです。

ドル円は1.63%高の142.626円、ドルインデックスは0.84%安の108.973ドルになりました。

ドル円は週央にかけて140円台から144.99円まで円安が進みました。

本当にびっくりしちゃった。為替見るたびに円安になってるんだもの。

この分だと150円なんて直ぐだな〜と思ってらた、週末にかけて円高傾向。

ただ、円高の流れは続かないと思います。

米国の金利上昇に伴って、ドル円も150円に向かう気がします。

当面のターゲットは1998年8月11日の高値147.66円。

米国金利の逆イールドは健在ですね。

先週買った銘柄

セブン銀行 1株

おすすめの本

下の2冊は経済指標を見る上で色々と参考にさせて頂いています。

ワンランク上の投資家を目指すなら読んでおくべき。


励みになるので押してくれると嬉しいです♪

今、松井証券FX、松井証券でキャンペーンが行われています。
相場が低迷している今こそ小さな金額から投資を始めるのはいいかもしれません。

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション
LINE証券 FX口座開設
LINE証券
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次