MENU



【9/18】相場の展望 米CPIの上振れ。利上げ幅はどうなる?

ども♪投資が好きなFP&証券アナリストのまことです。

先週の相場と今週の展望をまとめたいと思います。

目次

来週の展望

今週は米3指標ともに大幅に下落。

原因は米消費者物価指数(CPI)の伸び率が市場予想を上回ったため。

8月の前年同月比8.3%の上昇と、伸びは7月の8.5%から縮小したんですけどね~

予想の8.1%は上回ったら市場がパニックになってしまいました。

まあ、これで9月22日の米連邦公開市場委員会で0.75%の利上げは確実ですね。

1%の予想もありますが、個人的にはないと思うんですよね。

米国の中立金利は2〜2.5%と言われているので、今の金利である2.50%から0.75%上げても9月以降はFOMCのバランスシートの縮小と相まってインフレはピークアウトしてくると思います。

現在11月の米連邦公開市場委員会の利上げ予想は0.75%が一番多いですが、0.5%になると想像しています。

そうしたら、インフレのピークアウトが見えるので、株価は来年にかけて上昇ですね。

毎年9月、10月は大幅な下落する確率が高いです。

先週、米消費者物価指数の発表でダウ平均が1200ドルを超える下落が、パーセンテージにすると4%ぐらいですからね。

まだまだ、下落率が足りない。

例年の経験から2~5週以内に10%以上の下落があってもおかしくないと思っています。

米連邦公開市場委員会の利上げ予想は以下のとおりです。

ターミナルレート(利上げの最終到達点)は2023年に5.00~5.25%で、その後下落し4.25~4.5%を維持する予想になっています。

8%のインフレを4.25~4.5%のFFレートで米連邦公開市場委員会が目指している2%のインフレに下げられるとは思えません。

私の予想はターミナルレートが5.00~5.25%で半年ぐらい維持されて、やっとインフレは落ち着くと考えています。

Fear&Greed Indexは先週の45から36まで下がりました。

20を下回った後に上昇する傾向があるので、暫く様子見です。10月中盤から後半ぐらいが買い場かな?

何と言ってもFRB政策金利の発表が注目ですね。市場予想の0.75%の利上げなら無難に時が過ぎてくれると期待しています。

株式

ダウ平均は5.00%安の30,822.43ドル、S&P500は5.81%安の3,873.32ドル、NASDAQ100は6.17%安の11,857.62ドルとなりました。

先週上昇した指数ほど今週は下落しました。

利上げ局面なのでハイテク株が多い指数の下落幅が大きいのは仕方がない。

株式にとって9月は最悪の月です。

1896年までさかのぼることが可能なダウ平均はマイナスリターン月です。

去年 2021年9月のダウ平均は4.29%下落しました。

リーマン・ブラザーズが破綻したのも9月、米同時多発テロ事件があったのも9月11日です。

9月に株式が悪いのは諦めるしかありませんね。

金利&為替

米2年債金利は8.64%高の3.873%、米10年債金利は4.13%高の3.451%になりました。

2年債に至っては30年債の3.518%も大幅に超えています。

期間の短い金利の上昇が著しいです。

ドル円は0.17%高の142.902円、ドルインデックスは0.78%高の109.643ドルになりました。

ドル円は米消費者物価指数の発表で一時的に大幅に円安になりましたが、週末にかけて戻しました。

このペースですと年末までに150円ぐらいですかね。

ドルインデックスは米消費者物価指数後に上昇し、高値を維持しています。

ドル一強時代が続いています。

米国金利の逆イールドは健在です。

一時期スプレッドは縮んでいましたが、再拡大しています。

弱気相場引き続き継続です。

恐怖指数(VIX)も徐々に上がってきています。

一気に上昇してもおかしくないと考えています。ちょっとビビってます。

最後に、投資は自己判断で!

先週買った銘柄

東京日産コンピュータシステム 1株

1株で500円のQUOカードがもらえるらしいので購入してみました。

おすすめの本

下の2冊は経済指標を見る上で色々と参考にさせて頂いています。

ワンランク上の投資家を目指すなら読んでおくべき。


励みになるので押してくれると嬉しいです♪

今、松井証券FX、松井証券でキャンペーンが行われています。
相場が低迷している今こそ小さな金額から投資を始めるのはいいかもしれません。

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション
LINE証券 FX口座開設
LINE証券
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次