40代からの投資と健康

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

投資

一目均衡表の研究 その5 転換線と基準線①

更新日:

ども♪まことです

一目均衡表の勉強をしようと思います。

第1講一目均衡表の研究その1一目均衡表の研究その2で均衡表の計算の仕方、 グラフの記入の仕方を紹介したあと、少し先回りして波動論、値幅観測論の一部に触れてきましたが、これ以降は、均衡表の姿を浮き彫りにする各ツールについて、ひとつずつ詳しく紹介していくことにします。

繰り返しになりますが、転換線とは、当日を含む過去 9日間の高値と安値の仲値(中心値)、基準線とは、当日を含む過去26日間の高値と安値の仲値であり、この2本をチャートに記入し、2本の交錯、実線 (ローソク足)との位置関係などから相場の強弱を読み取っていこうとするものです。

チャートのaの部分に注目してください。

上げ相場なら当然直近9日間の転換線が、直近26日間の基準線よりも上位に位置するはずです。

逆に下げ相場なら位置関係はこの反対となります。

したがって、この2本が交錯するような局面は、 非常に重要な意味を持ってきます。

均衡表では転換線が基準線の下から上へ突破することを「好転」したといいます。

逆に、 転換線が基準線を上から下へ割れることを 「逆転」したといいます。

転換線と基準線を狭義の 「均衡表」ということがありますが、その意味でこのことを均衡表が好転した、 逆転したと表現し、強気、 弱気を示唆するひとつのツールとして利用しています。

好転は強気、逆転は弱気と解釈しますが、もちろんこれ一つだけで相場全体が語れるわけはなく、あくまでも均衡表 (広義の) 全体のバランスの中の一つの指標であることを銘記しておくべきでしょう。

 

励みになるので押してくれると嬉しいです♪







お・す・す・め・!

1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

2

今回は暗号資産取引所であるコインチェックのメリット、デメリットを解説していこうと思います。結論から言うと、かなりお薦めな会社です。

3

ども♪まことです。 今回は暗号資産取引所であるディーカレットのメリット、デメリットを解説していこうと思います。 結論から ...

4

ども♪まことまことです。 AFPの記事にこんなものがありました。 AFP記事より 中国外務省報道官は24日の定例会見で、 ...

-投資

Copyright© 40代からの投資と健康 , 2022 AllRights Reserved.