心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

2ちゃんねる 雑学

怖い笑える話:骸骨の呪い

更新日:



ども♪2ちゃん大好きなマコトです。

個人的に面白かった2ちゃんねるの笑える怖い話を記述します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺が小学5年生のころだったかな?

朝、登校すると、クラスがざわついていた。

「どうしたの?」と俺が聞いてみると、女子が口をそろえて「女子トイレに骸骨がいる」

その頃、俺は幽霊とか超能力とかチャチな物は断じて信じていなかった。

冗談交じりに「なら確かめてやろうか?」と言った。

少しカッコつけてみたかったんだ

俺は何が起こるか知りもしなかった…

 

その日の昼休み、俺は誰にも言わずに女子トイレに入った。

自分ひとりで確かめたかった

好奇心というものは恐ろしい

俺は個室を一つ、また一つ確認した。

古びたドアが開く音、少し不気味な音…。

 

全てのドアを確認し終えた。

俺は少し優越感に浸っていた、自分が正しかったんだ。

今は昼休み、そうだ、教室には女子が居るハズ…。

よし、報告してやろう、そして自分の勇気を評価してもらうんだ!

教室のドアを開き、俺は叫んだ。

「今、女子トイレ確認してきたぜ!」

クラス中の人間が俺を見た、しかし、また雑談を始めた。

予想に反して、クラスの人間は誰も俺の成し遂げた事に興味を示さない。

喋りかけようとすると、避けられる…

この孤独感は何だろう…

そうか、面白半分で骸骨を探しに行ったのが間違いだったんだ。

呪われた、骸骨に呪われてしまった!

 

この呪いは、この小学校を卒業するまで続いた。







お・す・す・め・!

no image 1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-2ちゃんねる, 雑学

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.