心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

2ちゃんねる 雑学

怖い笑える話:寺生まれのTさんと犬

更新日:



ども♪2ちゃん大好きなマコトです。

個人的に面白かった2ちゃんねるの笑える怖い話を記述します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺は彼女から深刻な相談をされた。

最近、自宅の老いた犬が誰もいない玄関に向かってけたたましく吠えるというのだ。

俺が彼女の家に挨拶に行った時も、俺を見ても全く吠えなかった人なつっこいあの犬が突然ものすごい剣幕で吠えるのだという、しかも時間を問わず。

不安がる彼女が霊を引き寄せやすい体質だったことを思い出し、俺は寺生まれて霊感の強いTさんに相談する事をすすめた。

 

ファミレスで3人で食事をしながら事の話をするとTさんは「大丈夫、その犬は帰ってきた先祖に挨拶してるんだよ、この時期だし」とのこと。

すっかり安心した彼女を送り返すと、Tさんから連絡が・・・

「彼女の言っていた事だが、確認したい事があるあの子の家の前まで案内してくれ」

深夜2時、彼女の家の前に行くと、確かに駐車場に繋がれた犬が吠えている。

「やはりな・・・」そう呟いてTさんは彼女の家の向かいにある電柱に手を添えたするとそこからスッと青白い光が走り幾つもの亡者が彼女の家を通り抜けようとしているのが見える。

しかし犬の抵抗に遭い、上手く通り抜けられない模様。

「大した犬だ・・・ずっと家を守っていたのかい」そういいながら犬の頭を撫でるTさん。

「破っ」Tさんの声と共に道は家を避け天に伸び、虹のように遠くの空に伸びていった・・・

「何故彼女に嘘をついたんですか?」の問いに「他人の女とはいえ、可愛い子を無駄に恐がらせるのは男の仕事じゃないぜ・・・」

寺生まれはスゴイ、俺は久しぶりにそう思った。

 

・・・数日後、彼女の家の犬が老衰で亡くなったと聞いた。

悲しみにくれる彼女を励ましてやると「ワン!」と元気なあの犬の声が聞こえた気がした。

きっと犬はまだ家族を守っているんだな・・・線香をあげながら俺は思った。

家族を見守る犬はスゴイ、俺はその夜ちょっと泣いた。







お・す・す・め・!

no image 1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-2ちゃんねる, 雑学

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.