心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

2ちゃんねる 雑学

怖い笑える話:通ってはいけない峠にて

更新日:



ども♪2ちゃん大好きなマコトです。

個人的に面白かった2ちゃんねるの笑える怖い話を記述します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある晩、仕事で遅くなり仲間内では「通ってはいけない」峠を通ることにした。

呪われた峠と言われるそこは、幾人もの地元の走り屋が命を落としている。

事故を起こした連中には変なものを見たという者まで・・・。

丁度峠も中腹に差し掛かった頃。

俺はバックミラーに白い人影を認めた。老婆である。

白い装束を着た老婆が、髪を振り乱して猛スピードで追いついてくる。

こんな馬鹿な!?80kmは出ているんだぞ!

老婆は悠々と俺の愛車を追い抜いた。峠はもうすぐ終わる。

 

俺はアクセルを踏み込む。老婆がぐんぐんと近づいてくる。

振り向いて少し驚いたようだったが、老婆もスピードを上げる。

くっ、なんて馬力だ。

 

俺も全身のアドレナリンを集めて、更にアクセルを踏み込む。時空を越えそうだ。

老婆に並んだ。

ババァが俺に勝てると思ったのか。そんな殺気が俺に悪魔的な発想をさせた。幅寄せである。

迫り来る老婆の表情は恐怖に歪んでいた。

すると老婆はなんと、俺の車のフロントに飛び乗った。

それまで出ていた120km/hが相対速度で240km/h。

老婆はカタパルトに弾かれた戦闘機のように跳んだ。

なんて奴だ。この俺の完敗だ。

しかしこの先は・・・!

 

この先こそ、走り屋の志を砕いてきた魔のカーブである。

既に戦意を喪失していた俺は急ブレーキをかける。

老婆も慌てて止まろうとしたらしく、踵からは火柱と煙が上がり、体は大きく傾いた。

しかし老婆についていた加速度を制御することは最早出来なかった。

 

その先のガードレールを突き破り、老婆は跳んだ―。

しかしその姿は美しかった。オリンピック選手が見せるどんな跳躍よりも高く華麗に。

跳躍は落ちることなく、夜の星空を背景に、どんどんと舞い上がりそして―

スローモーションのように崖下の闇に飲み込まれていた。

 

後日俺は花束を持ってそのカーブを訪れた。

宵闇に散った、一人の戦友の勇気を称えに。







お・す・す・め・!

no image 1

目次1 マコトのプロフィール1.1 自己紹介1.2 タイトルの由来1.3 サブタイトルの由来1.4 趣味1.5 ほしいも ...

-2ちゃんねる, 雑学

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.