MENU



Raspberry Piを使って機械学習に挑戦2|導入編 Raspberry Piの初期設定&日本語設定&Vim導入

[st-card id=]ども♪普段はSEをしているマコトです。

最近、機械学習に興味があるのでRaspberry Piを使って勉強しようと思います。

今回はRaspberry Piの初期設定&日本語設定&vim導入を行います。

Raspberry Piを最新の状態にアップデート

ダウンロード後はすべてのファームウェアやパッケージが最新だと思いますが念の為、アップデートされるか確認します。

現在のバージョンを確認します。

$ uname -a

パッケージ情報を最新にします。

$ sudo apt-get update

続行しますか?[Y/n] と表示されたら「Y」を入力します。

インストール済みのパッケージを最新にします

$ sudo apt-get upgrade

続行しますか?[Y/n] と表示されたら「Y」を入力します。

OSのディストリビューションを最新にします

$ sudo apt-get dist-upgrade

続行しますか?[Y/n] と表示されたら「Y」を入力します。

ファームウェアのアップデートをします。

$ sudo apt-get install -y rpi-update
$ sudo rpi-update

アップデートされた場合は再起動をします。

$ reboot

 

日本語入力 fcitx-mozc のインストール

オープンソースのMOZCをインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

続行しますか?[Y/n] と表示されたら「Y」を入力します。

fcitx-mozcを有効化します。

$ im-config -n fcitx

有効化したら再起動を行います。

$ sudo reboot

再起動すると、タスクバーの右側にキーボードのアイコンが表示されるようになります。

テキストエディタなどを立ち上げている状態で、キーボードアイコンをクリックすると、「あ」の文字が表示され、日本語が入力できるようになります。

メニューは4つ追加されます。

Fcitx設定を押下すると以下のコンソールが表示され設定を変更することができます。

私はMac環境からリモート接続しているため、入力メソッドのオンオフの右側はHiragana(キーボード上では「かな」)にしています。

Vimを導入

初期に入っているviがあまりにも使いづらいのでVimの導入をおすすめします。

$ sudo apt-get install vim

続行しますか?[Y/n] と表示されたら「Y」を入力します。

これで、Vimが使用できるようになりました。

以上です。

関連記事
Raspberry Piを使って機械学習に挑戦1|導入編 Raspberry PiにOSを設定する
Raspberry Piを使って機械学習に挑戦2|導入編 Raspberry Piの初期設定&日本語設定&Vim導入
Raspberry Piを使って機械学習に挑戦3|導入編 Raspberry Piの固定IP化&Macから操作できるように設定

今、松井証券FX、松井証券でキャンペーンが行われています。
相場が低迷している今こそ小さな金額から投資を始めるのはいいかもしれません。

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション
LINE証券 FX口座開設
LINE証券
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次