心ゆく日並

辛さを辛味に、苦しみを苦味に転じら れればこの日々も味わい深い

Raspberry Pi プログラム

Raspberry Piのバックアップ方法

更新日:



ども♪普段はSEをしているマコトです。

Raspberry Piを使って機械学習を行っているので元とのなるRaspberry Piのバックアップ方法&リストアの方法を記述します。

バックアップ方法

microSDをMacに接続します。

Terminalで以下のコマンドを実行します。

$ diskutil list

SDカードのサイズなどから、Raspberry Piの入っているdiskを推測します。

私の場合はSDカードのサイズが16GBだったのでdisk5でした。

指定ファイルに書き出します。

パスワードを聞かれるので、OSに設定したパスワードを入力します。

$ sudo dd if=/dev/disk5 of=raspi-init.img bs=1m (自分の環境によりdiskの数値は変更します)

このコマンドの終了までには相当時間がかかります。

自分の環境では、4GB程度のバックアップの40分かかりました。

ファイルはユーザーフォルダの直下に作成されます。

 

リストアの方法

ddコマンドによるリストアは時間がかかりますが、おそらくどのMacでも追加アプリなしに利用できるという点においてメリットです。

Macにリストア先のmicroSDを指します。 microSDをアンマウントします。

$ diskutil umountDisk /dev/disk5

Unmount of all volumes on disk5 was successfulと表示されます。

ddコマンドでリストアを行います。 以下は、カレントディレクトリの raspi-init.img がddでバックアップされたファイルである場合です。

$ sudo dd if=./raspi-init.img of=/dev/disk5 bs=1m

ddコマンドによるバックアップは、自分の環境では、4GBのmicroSDで40分程度かかりました。

進捗の確認

コマンドは実行中にCtrl + Tを押すと現在の進捗を表示します。

このコマンドで、バックアップ、リストアどちらの進捗も確認することができます。

以上です。







お・す・す・め・!

no image 1

目次 1 マコトのプロフィール 1.1 自己紹介 1.2 タイトルの由来 1.3 サブタイトルの由来 1.4 趣味 1. ...

-Raspberry Pi, プログラム

Copyright© 心ゆく日並 , 2018 AllRights Reserved.