2024年4月のPPIは予想を上回る:今のままでは9月の利下げも危ういか

当ページのリンクには広告が含まれています。

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

米国経済の健全性を測るための数多くの指標の中で、PPI(Producer Price Index)と呼ばれる生産者物価指数は特に重要な役割を果たしています。

PPIは、生産者が製品を販売する際の価格変動を示す指標であり、インフレの初期兆候を捉えるために注目されています。

4月のPPIデータは、市場予想を上回る結果となり、経済の回復基調を示す一方で、インフレ圧力の増加が懸念されています。本記事では、4月のPPI結果を詳細に分析し、その背景にある要因や今後の経済への影響について考察します。

目次

4月のPPI(生産者物価指数)

4月の最終需要の生産者物価指数(PPI)は季節調整済みで0.5%上昇しました。3月には0.1%減少し、2月には0.6%上昇していました。非季節調整ベースでは、4月までの12ヶ月間で最終需要指数は2.2%上昇しました。これは、前年の4月に2.3%上昇して以来の最大の増加です。

4月の最終需要価格の上昇の約3/4は、最終需要サービス指数が0.6%増加したことによるもので、最終需要財の価格も0.4%上昇しました。

食品、エネルギー、および貿易サービスを除いた最終需要指数は、3月に0.2%上昇した後、4月には0.4%上昇しました。これらを除いた価格は、前年同月比で3.1%上昇し、2023年4月の3.4%以来の最大の増加となりました。

生産者物価指数(PPI)

  • 前月比:0.5%(予想:0.4%) 前回:-0.1%
  • 前年比:2.2%(予想:2.1%) 前回:1.8%

生産者物価指数(PPI)食品・エネルギー除くコア

  • コア前月比:0.5%(予想:0.3%) 前回:0.1%
  • コア前年比:2.4%(予想:2.3%) 前回:2.1%

最終需要サービス: 4月の最終需要サービス指数は0.6%上昇し、2023年7月に0.8%上昇して以来の最大の上昇でした。4月の増加の70%は、貿易、輸送、および倉庫保管を除く最終需要サービスの価格が0.6%上昇したことに起因しています。最終需要貿易サービスのマージンは0.8%上昇しました。一方で、最終需要輸送および倉庫保管サービスの価格は0.6%減少しました。

製品の詳細: ポートフォリオ管理の指数が3.9%上昇し、最終需要サービスの価格上昇の主要な要因となりました。また、機械および設備の卸売、不動産サービス(一部)、自動車小売(一部)、客室レンタル、および貨物のトラック輸送の指数も上昇しました。逆に、航空旅客サービスの価格は3.8%減少しました。燃料および潤滑油の小売とギャンブル収入(一部)の指数も下落しました。

最終需要財: 最終需要財の価格は4月に0.4%上昇し、3月の0.2%減少後に上昇しました。増加の大部分は、最終需要エネルギー指数が2.0%上昇したことに起因しています。食品とエネルギーを除く最終需要財の価格は0.3%上昇しました。一方、最終需要食品の指数は0.7%減少しました。

製品の詳細: 最終需要財の指数の4月の増加の約3/4は、ガソリン価格の5.4%上昇によるものでした。ディーゼル燃料、鶏卵、電力、非鉄金属、および缶詰・調理・燻製・加工された家禽の指数も上昇しました。逆に、新鮮および乾燥した野菜の価格は18.7%減少しました。住宅用天然ガスおよび鉄鋼製品の指数も下落しました。

PPI(生産者物価指数)の最終需要財は、製造業者や生産者が最終消費者やビジネス向けに生産する物理的な商品を指します。これにはさまざまな種類の製品が含まれ、以下のように分類されることが一般的です

  1. 食品(Food): 農産物、加工食品、飲料など、食品関連の商品。
  2. エネルギー(Energy): ガソリン、天然ガス、電力などのエネルギー関連製品。
  3. 食品およびエネルギーを除く財(Goods less foods and energy): これはコア商品とも呼ばれ、食品やエネルギー以外の製品を含みます。例えば、自動車、家電製品、衣類、機械類、化学製品などが含まれます。

4月のPPIは予想を上回ったものの、3月の改定値は速報を下回りました。

市場予想を上回ったため、PPIの発表直後は債券利回りが上昇しましたが、すぐに落ち着きを取り戻して、下落しています。

思ったよりもPPIが強くないですね。この分じゃ今夜発表されるCPIも予想は上回るものの横ばいかな~

前年同月比でPPIは2023年11月から、PPIコアも2023年12月から上昇しています。

上昇の傾向は暫く続きそうですね。

PPIはCPIやPCEよりも3~4ヶ月前から上昇しています。この傾向が伝播するならば、CPIの上昇は3月の1ヶ月だけではなく、7月頃まで継続的に上昇する可能性があります。

利下げは遠い。。。って感じですね。

FEBウォッチ

PPIの発表でFebウォッチはほぼ変わりませんでした。動くとしたら明日のCPIと小売売上の発表後だと思います。

出所:https://www.cmegroup.com/ja/markets/interest-rates/cme-fedwatch-tool.html

GDP NowのGDP予想

2024年第2四半期の実質GDP成長率の見込みが、5月8日時点で季節調整済みの年率が4.2%に上方修正されました。5月2日の予測では3.3%でした。これは、最近発表された米国経済分析局(BEA)、米国国勢調査局、供給管理協会(ISM)、および米国国勢調査局のデータを基にしています。

第2四半期の実質個人消費支出(PCE)成長率の見込みは3.2%から3.9%に、第2四半期の実質民間総固定資本形成(GDI)成長率の見込みは4.1%から6.8%にそれぞれ引き上げられました。一方、第2四半期の実質純輸出の変動が実質GDP成長率に与える影響の見込みは、-0.05%ポイントから-0.10%ポイントに引き下げられました。

要約すると、消費と投資が増加する一方で、純輸出は減少していますが、全体として経済成長の見通しは良くなっています。

出所:https://www.atlantafed.org/cqer/research/gdpnow

情報ソース

米国労働統計局:https://www.bls.gov/news.release/ppi.nr0.htm

株式投資を始めるならマネックス証券がオススメ!
マネックス証券でNISAなどを始めるなら、以下のバナーから登録するのが簡単です。

マネックス証券
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

面白いぞ。このメルマガ。月会費を払うだけはある。

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次