【図解】簡単!携帯で行うSBIVCトレードの入金方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

ども♪真毅です。

口座は開いたけれどSBIVCトレードの入金と買い方って、どうするんだろう?

今回はSBIVCトレードでの入金方法の種類とビットコインの買い方を解説します。

SBIVCトレードへの入金は色々な銀行で行えますが、同じグループ企業の住信SBIネット銀行がおすすめです

一瞬で入金できます。

もしも、まだ口座開設を行っていない方は【図解】簡単!携帯で行うSBIVBトレードの口座開設手順を解説を御覧ください。

目次

SBI VCトレードの入金方法について

SBI VCトレードの入金方法に関して、知っておきたい事項は以下の通りです。

  • クイック入金を採用
  • 入金手数料は無料
  • 最低入金額は1,000円
  • アプリもしくはブラウザを使用

クイック入金を採用

クイック入金とは、土・日・祝日を含め、24時間リアルタイムに即時入金が可能なオンラインサービスです。

SBI VCトレードの日本円の入金方法はクイック入金のみとなります。

以下の銀行のクイック入金は対応していないので注意が必要です。

  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 中国銀行
  • SBI 新生銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • JAバンク
  • JFマリンバンク

入金手数料は無料

SBI VCトレードでは、日本円の入金手数料が無料に設定されています。

他の取引所では、振込方法によっては入金手数料が発生することが多いです。

SBI VCトレードでは振込方法を1つにまとめてくれているだけではなく、入金手数料も無料。

日本円の入金頻度が多い方には、大きなメリットになりますね。

最低入金額は1,000円

日本円の最低入金額は1,000円からとなっています。

1,000円未満は入金できないので、少額から購入したい場合でも、1,000円以上は入金をするようにしてください。

アプリもしくはブラウザを使用

SBI VCトレードではスマホアプリがリリースされています。

ブラウザを利用する方法がありますが、アプリの方が操作性が良いのでアプリから入金することを推奨します。

アプリでSBI VCトレードに入金する方法

SBI VCトレードの事前知識が分かったところで、具体的な入金方法を説明していきます。

アプリから日本円を入金する手順は以下の通りです。

  • アプリをダウンロード
  • 入金額の設定
  • 即時決済サービスで手続き

アプリをダウンロード

これから入金方法をお伝えしますので、アプリのダウンロードを済ませておきましょう。

SBI VCTRADE mobile 暗号資産(仮想通貨)

SBI VCTRADE mobile 暗号資産(仮想通貨)

TAOTAO INC.無料posted withアプリーチ

入金額の設定

SBI VCトレードアプリを開きます。

資産/入出金』を押します。

JPY (日本円)」を選択して「日本円を入金」を押します。

振込のできる銀行が並ぶ画面が表示されます。

2024年5月現在以下の銀行から入金できます。

取扱い金融機関

三菱UFJ銀行静岡銀行西日本シティ銀行
三井住友銀行スルガ銀行北九州銀行
りそな銀行清水銀行北洋銀行
埼玉りそな銀行大垣共立銀行北日本銀行
PayPay銀行十六銀行福島銀行
住信SBIネット銀行三十三銀行東和銀行
北海道銀行百五銀行栃木銀行
青森銀行滋賀銀行京葉銀行
みちのく銀行京都銀行東日本銀行
秋田銀行関西みらい銀行東京スター銀行
荘内銀行池田泉州銀行長野銀行
山形銀行南都銀行富山第一銀行
岩手銀行紀陽銀行福邦銀行
東北銀行但馬銀行静岡中央銀行
七十七銀行鳥取銀行愛知銀行
東邦銀行山陰合同銀行名古屋銀行
群馬銀行広島銀行中京銀行
足利銀行山口銀行みなと銀行
常陽銀行阿波銀行島根銀行
筑波銀行百十四銀行トマト銀行
武蔵野銀行伊予銀行徳島大正銀行
千葉銀行四国銀行香川銀行
きらぼし銀行福岡銀行愛媛銀行
横浜銀行佐賀銀行福岡中央銀行
第四北越銀行十八親和銀行佐賀共栄銀行
山梨中央銀行肥後銀行長崎銀行
八十二銀行大分銀行熊本銀行
北陸銀行宮崎銀行豊和銀行
富山銀行鹿児島銀行宮崎太陽銀行
北國銀行琉球銀行南日本銀行
福井銀行沖縄銀行 

今回は住信SBIネット銀行を例に説明をしていきます。

銀行名を入力してくださいに「エス」などを入力すると住信SBIネット銀行は表示されます。

表示されたら、選択し、「金融機関サイトへ」を押します。

即時決済サービスで手続き

住信SBIネット銀行の即時決済サービスに移動しました。

持っている口座支店名を選択します。

ユーザーネーム、WEBログインパスワードを入力して「ログイン」を押します。

支払依頼内容を確認して問題なければ『スマート認証NEO』を押します。

住信SBIネット銀行の承認番号を確認します。

上で確認した承認番号を入力し、「承認する」を押します。

振込が完了すると以下の場面が表示されますのでこれで入金は完了です。

SBIVCトレードのアプリで入金されたか確認します。

SBIVCトレードと住信SBIネット銀行はグループ会社のためか、数秒で入金が確認できると思います。

SBIVCトレードで仮想通貨を買って見よう

今回はSBIVCトレードへの入金方法を解説しました。

オススメはグループ会社の住信SBIネット銀行です。

入金できたら仮想通貨を買ってみましょう!

仮想通貨を購入するには「販売所」と「取引所」のどちらかを利用します。

コストを抑えたいなら「取引所」がオススメです。

入金が終わった方は『SBIトVCトレードで仮想通貨を購入する方法』の記事へお進みください。

最後までお読み頂きありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次