4月の株式相場の格言やアノマリー

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

ブログを書く時間が今日はなかったのでChatGPTに4月の株式相場に関連する格言やアノマリーを聞いてみました。

聞いた結果は以下。

  1. 「セル・イン・メイ(Sell in May)」
    • 「セル・イン・メイ・アンド・ゴー・アウェイ(Sell in May and go away)」とも呼ばれるこの格言は、5月から夏の終わりまでの期間は株式市場のパフォーマンスが比較的低い傾向にあるという観察に基づいています。このため、4月末にポジションを売却し、9月または10月まで市場から離れる戦略を取ることが推奨されることがあります。この格言に従えば、4月はまだ株を保有する時期とされます。
  2. 「4月効果(April Effect)」
    • これは「セル・イン・メイ」に関連するアノマリーで、4月に株式市場が好調であることを示しています。これは、新年度のスタート、新しい予算の実施、配当再投資などにより、市場に新たな資金が流入するためと考えられています。
  3. 「税金効果(Tax Effect)」
    • アメリカなど一部の国では、4月15日が税金の申告期限であるため、投資家が税金の支払いに備えて3月や4月初めに株式を売却することがあります。これにより、市場に一時的な売り圧力がかかることがあります。ただし、この効果は日本市場にはあまり当てはまらないかもしれません。
  4. 「新年度効果(New Fiscal Year Effect)」
    • 日本を含む多くの国では、4月が新年度の始まりです。企業や機関投資家が新たな投資計画を立て、市場に新しい資金が流入するため、株価が上昇する傾向があります。

って回答がかいってきました。

確かに、4月は上昇する確率がアノマリー的にも高いようです。

また、以前分析したように大統領選の4~8月は現大統領が立候補する場合は景気刺激策を取るため上る可能性が高いんだよね。

4年前の前大統領のトランプさんのときはコロナショックが重なったために選挙のための、景気対策を取ることはできませんでした。

しかし、今年は足を引っ張る要因がないためバイデン大統領は景気対策に力を入れるはず。

来年はインフレ再燃がある可能性が高まろうとも、今年は株高が期待できそうです。

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次