新NISA投資戦略:サームルールで見る薄氷の上を歩く米国経済

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

昨日、サームルールについてブログを書きましたが、サームルールはリセッションを事前に知る上で重要な考え方です。

なので、現在の米国の状況をサームルールを交えて考えたいと思います。

昨日書いたサームルールの記事は以下です。

現在の失業率3ヶ月平均は3.77%。12ヶ月の最低の失業率に0.5%足した値は3.9%です。

左側:失業率、右側:S&P500

図で見てみるとわかるのですが、昨年の10月頃からサームルールに触れる3.9%の下を絶妙な状態で動いているんですよね。

不思議なことに。。。

FRBがサームルールを意識して、作為的に失業率を上げないようにしているようにしていると考えるのは私だけでしょうか?まあ、私の思い違いだと思いますが。。。

失業率3ヶ月平均が3.9%を超えるためには3月の失業率が4.1%を超える必要があります。

日米とも株価が上昇しているため、株クラの皆さんはウハウハだと思いますが、現在の米国経済は薄氷の上を歩いているような状態であることを心に留めていたほうがいいと思います。

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次