楽天が市場を震撼させる!NASDAQ100の信託報酬が史上最低の0.198%に!新たな時代の幕開け:楽天・NASDAQ-100インデックス・ファンド登場

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

新しいNISAの影響で各社が続々と新しい投資信託を発表しています。

今度は楽天投信投資顧問株式会社がNASDAQ100やSOXを投資対象とした新しい投資信託を発表しました。

本情報は楽天投信投資顧問株式会社がソースとなっています。

目次

楽天・NASDAQ100-インデックス・ファンド(愛称:楽天・NASDAQ-100)の概要

それでは「楽天・NASDAQ100-インデックス・ファンド(愛称:楽天・NASDAQ-100)」について詳しく見ていきましょう。

ファンドの名称楽天・NASDAQ100-インデックス・ファンド
(愛称:楽天・NASDAQ-100)
運用会社楽天投信投資顧問株式会社
ベンチマークNASDAQ-100
設定日 2024年1月30日

本投資信託はNASDAQ-100をベンチマークとした商品です。

NASDAQ市場に上場する金融を除いた上位100銘柄を対象としています。

楽天・NASDAQ-100の手数料

次に手数料を見ていきましょう

信託報酬率

楽天・NASDAQ-100の信託報酬率は年率0.198%程度(税込)となっています。

これはNASDAQ100をベンチマークとしたファンドとしては最安値です。

購入時手数料

購入時手数料はありません

信託財産留保額

信託財産留保額はなしとなっています。

楽天・NASDAQ-100の取り扱い金融機関

楽天・NASDAQ-100の取り扱い金融機関で今の所判明しているのは楽天証券1社のみです。

楽天証券の新しいNISAの目玉とするのか、他社でも展開するのかは今の時点ではわかりません。

ただ、楽天証券の年初の口座開設は3倍と楽天証券の社長言ったことがネットで話題になっていました。

囲い込みのために他社に展開はない可能性が高いと思ってます。

楽天証券のユーザーおめでとうございます。

なお、新しいNISAでは成長投資枠で購入が可能です。

NASDAQ-100を投資対象としたライバル投資信託

NASDAQ100を対象とした主なライバル投資信託との比較を見てみましょう。

しんたろうさんのブログでコスト比較が出ていました。

出典:【楽天・プラス】楽天・NASDAQ-100インデックス・ファンド、楽天・SOXインデックス・ファンド新規設定!

現在のところ名目上はコスト最安です。

実質コストがどれくらいになるかわかりません。

ただ、他の楽天・プラスシリーズは他の同じインデックスを対象とした投資信託と近い実質コストなので、現在実質コストで最安値のニッセイNASDAQ100インデックスに近い数字になると想像しています。

PayPay投信などは異様に実質コストが高い詐欺みたいな商品があるので、そのようにならないことを望みます。

楽天・NASDAQ-100のポイント還元率は0.05%

0.198-0.05で還元込み0.148%まで下がります。

配当再投資の手間とコストを考えるとQQQより有利な部分も大きいです。

楽天・NASDAQ-100インデックス・ファンドは新NISA成長枠のみ

NASDAQ100は指定インデックスではない為、つみたて投資枠では購入出来ません。

しかし他社近似商品が成長枠で買えるので成長枠も問題なく入ってくるでしょう。買うなら成長枠という形です。

個人的にはNASDAQ100を成長枠で購入しようと思っているので、おすすめの商品になるかもしれません。

まあ、買うなら1年経って実質コストがわかった後でも良いと思います。

株式投資を始めるならマネックス証券がオススメ!
マネックス証券でNISAなどを始めるなら、以下のバナーから登録するのが簡単です。

マネックス証券
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

面白いぞ。このメルマガ。月会費を払うだけはある。

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次