インフレは再燃するか?

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

今朝のモーニングサテライトに堀古英司氏が出演されて以下の様なことをおっしゃっていました。

  • 家賃相場がCPIに反映されるのは7か月の遅延がある。
  • 家賃相場は昨年9月以降下がらなくなってきている。
  • したがって、今年の4月以降はコアCPIは下がりにくくなる。

CPIの家賃の比重は大体30%ぐらいだったはずなので、1970年代を彷彿する可能性が高まっているような気がします。

1971年7月~1979年12月と2019年1月~のCPIのグラフを重ね合わせると以下のようになります。

1973~1974年のオイルショックでは、米CPIは一旦下がったものの、その後のイランの政情不安で再び上昇しました。

CPIやGDPデフレーターは落ち着きを取り戻しつつあります。

ただ、今年の4月まで下がって以降下がりにくくなるなら、2025年以降インフレ懸念が台頭し、同じ軌跡をたどる可能性は十分あると考えています。

株式投資を始めるならマネックス証券がオススメ!
マネックス証券でNISAなどを始めるなら、以下のバナーから登録するのが簡単です。

マネックス証券
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

面白いぞ。このメルマガ。月会費を払うだけはある。

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次