激動の2023年を振り返る 株価に影響のあった社会情勢はこんなことがあった!!

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

年の瀬になったので2023年を振り返ってみました。

全て、円建ての騰落率で表示しています。

ドル建てではないので、円安分上昇率が加算されています。

目次

主要指標

S&P500DOWNASDAQNASDAQ
100
日経225TOPIXACWI
01月5.211.909.689.624.427.503.78
02月1.970.313.544.190.91-3.325.16
03月0.88-0.693.996.690.513.33-0.42
04月4.135.172.663.132.691.575.61
05月2.52-1.328.1910.053.56-1.059.46
06月10.258.2710.3810.277.414.7211.26
07月1.691.922.612.371.483.60-1.43
08月0.48-0.120.070.630.41-2.910.58
09月-2.33-0.92-3.29-2.53-0.37-4.280.28
10月-0.90-0.05-1.49-0.78-3.00-2.54-1.85
11月6.596.448.338.315.388.896.20
12月-0.66-0.270.380.37-0.363.81-4.93
年率34.0222.6654.7365.9328.2425.0929.36

トップはNASDAQ系、S&P500が次に続きます。

騰落率だけで見ると、オルカン(ACWI)と日経225が拮抗した年になりました。

セクター別

S&P500素材エネルギー金融資本財情報技術生活必需品公益ヘルスケア一般消費財通信不動産
01月5.218.692.936.603.268.58-1.28-2.09-2.3214.4014.0110.15
02月1.971.22-2.562.303.805.142.28-1.49-0.152.481.70-1.43
03月0.88-3.93-3.54-12.28-2.337.811.091.50-0.780.145.61-4.65
04月4.132.936.576.401.842.736.885.356.261.786.334.38
05月2.52-4.76-8.00-2.08-0.9611.38-4.04-3.74-2.104.866.26-2.37
06月10.2514.399.749.9114.749.595.694.367.5215.988.278.29
07月1.692.517.223.821.871.381.441.890.091.114.410.89
08月0.48-1.093.97-0.460.260.75-1.75-3.981.570.500.71-0.85
09月-2.33-2.704.37-0.94-3.82-4.18-2.90-3.90-0.77-3.18-0.60-5.51
10月-0.90-1.41-3.80-0.71-1.291.590.603.46-1.58-4.090.26-0.77
11月6.596.03-2.848.576.5110.481.902.903.188.605.5010.07
12月-0.66-0.56-4.790.131.86-0.89-2.29-3.10-0.750.97-0.683.45
年率34.0221.547.4121.1027.6868.637.210.3410.3250.9365.1621.46

セクター別では1位が情報技術2位が通信、3位が一般消費財ということになりました。

一般消費財はアマゾン、テスラの影響が大きそうです。

サイズ別

S&P500米国大型
グロース
米国大型
バリュー
米国小型
グロース
米国小型
バリュー
01月5.219.612.6110.928.84
02月1.973.211.322.272.34
03月0.884.84-3.58-3.58-8.60
04月4.133.885.091.492.24
05月2.527.55-1.952.22-1.24
06月10.2510.549.1811.3712.78
07月1.692.082.702.974.56
08月0.481.18-0.15-1.97-1.20
09月-2.33-3.35-1.32-4.18-2.79
10月-0.90-0.33-0.72-5.69-3.06
11月6.599.234.407.476.34
12月-0.66-0.76-0.025.494.50
年率34.0258.7118.1531.2625.38

大型グロース株がぶっちぎりのパフォーマンスでした。

マグニフィセント・セブン(Google、Apple、メタテクノロジーズ(旧Facebook)、Amazon、Microsoft、テスラモーターズ、NVIDIA(エヌビディア))の影響ですかね。

2023年の株式市場に影響した40の注目すべき出来事

  1. 中国、ゼロコロナ政策を終了 (カテゴリー: 経済)
  2. 米国政府、法定債務上限の31.4兆ドルに到達 (カテゴリー: 政治・地政学)
  3. 「バルーンゲート」(カテゴリー:政治・地政学)
  4. カンザスシティ・チーフスがスーパーボウルで優勝 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  5. シルバーゲート銀行が自主清算(カテゴリー:市場)
  6. シリコンバレー銀行が破綻、米国の銀行の日次業績は2020年以来最悪となる (カテゴリー: マーケット)
  7. 習近平氏が前例のない3期目で中国国家主席に再選(カテゴリー:政治・地政学)
  8. OpenAI が GPT-4 を発表 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  9. テイラー・スウィフト、記録破りのエラ・ツアーを開始 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  10. UBS、政府支援の取引でクレディ・スイスを買収 (カテゴリー: マーケット)
  11. LVMH、欧州企業として初めて市場価値5,000億ドルに到達 (カテゴリー: 市場)
  12. JPモルガン・チェースがファースト・リパブリックを買収 (カテゴリー: マーケット)
  13. WHO、新型コロナウイルス感染症による世界的健康緊急事態宣言を終了 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  14. チャールズ 3 世とその妻カミラの英国国王と女王としての戴冠式 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  15. Nvidia の超大作決算報告で AI の宣伝が本格化 (カテゴリー: 市場)
  16. 米政府、債務上限を一時停止(カテゴリー:政治・地政学)
  17. カナダの山火事でオレンジ色の煙に覆われたニューヨーク市 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  18. S&P 500 は 2022 年 10 月の安値から 20% 上昇 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  19. 米国の5月CPI報告はインフレ率の半減を正式にマーク (カテゴリー: 経済)
  20. FRB、ここ数十年で最も積極的な利上げを「一時停止」(カテゴリー:経済)
  21. タイタン潜水艦爆縮 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  22. 史上最も暑い地球気温 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  23. 広く期待されていた「バルベンハイマー」週末が始まる (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  24. FRB、2023年に最後の利上げへ (カテゴリー: 経済)
  25. フィッチ、米国政府の信用格付けをAAAからAA+に格下げ(カテゴリー:経済)
  26. ハワイのマウイ島で山火事が発生 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  27. 米国CPIインフレ率が1年以上ぶりに再加速(カテゴリー:経済)
  28. チップ設計者のアームのIPOは市場デビューで25%近く急騰し、今年最大のIPOとなった (カテゴリー: 市場)
  29. ブレント原油価格は1か月でほぼ20%上昇し、最高値は97ドル/バレル(カテゴリー:市場)
  30. マッカーシー氏、政府予算と閉鎖議論のさなか下院議長を追放 (カテゴリー: 経済)
  31. イスラエルとハマスの紛争開始 (カテゴリー: 政治・地政学)
  32. 米10年国債利回り、日中取引で2007年以来初めて5%に到達 (カテゴリー: マーケット)
  33. FTX創設者サム・バンクマン・フリード氏、史上最大規模の金融詐欺で有罪判決 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  34. イーライリリーの減量薬が米国と英国で承認を取得 (カテゴリー: 自然、文化、テクノロジー)
  35. マグニフィセント・セブン株は、1 日で 2,000 億ドル以上の市場価値を追加します (カテゴリー: 市場)
  36. 米国総合債券、1985年以来最高の月間リターンを記録 (カテゴリー: 市場)
  37. 金は史上最高値で取引を終了 (カテゴリー: マーケット)
  38. JPモルガン・プライベート・バンク、「金利再設定後:投資の再構成」と題した見通しを発表(カテゴリー:自然、文化、テクノロジー)
  39. COP28気候変動交渉は化石燃料からの移行呼びかけで終了 (カテゴリー: 政治・地政学)
  40. FRB、利上げは終わり、次は利下げの可能性を示唆 (カテゴリー: 経済)

出典:JPモルガン

総括

マグニフィセント・セブン(Google、Apple、メタテクノロジーズ(旧Facebook)、Amazon、Microsoft、テスラモーターズ、NVIDIA(エヌビディア))の影響が大きいため、インデックスはNASDAQ、セクター別では情報技術、サイズ別では大型グロース株の上昇が一番高い年でした。

金利低下の影響もあり、来年も暫くは同じ流れの中で株価が上昇しそうです。

来年は新NISAも始まります。

新NISAのつみたて投資枠の積立設定予約金額ランキングを見てみると、1~10位までオルカンとS&P500の投資信託がほぼ独占しています。

一時期のミセスワタナベではないですが、米国への流入金額がかなりの額になりそうなので、円安&米株高は続くのではないでしょうか。

株式投資を始めるならマネックス証券がオススメ!
マネックス証券でNISAなどを始めるなら、以下のバナーから登録するのが簡単です。

マネックス証券

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次