4月のPCEデフレータと個人所得・支出:最新データが示す経済トレンド

当ページのリンクには広告が含まれています。

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
目次

PCEデフレータ

2024年4月のPCEデフレータ(個人消費支出価格指数)の発表がありました。

  • PCEデフレータ:前年比 2.7%(予想:2.6%) 前回:2.7%
  • PCEデフレータ:前月比 0.3%(予想:0.4%) 前回:0.3%
  • PCEコアデフレータ:前年比 2.8%(予想:2.7%) 前回:2.8%
  • PCEデフレータ・コア:前月比 0.3%(予想:0.4%) 前回:0.3%

2024年1月からのPCEデフレータ(個人消費支出価格指数)

  • 2024年4月:前年比2.7%(予想:2.6%)
  • 2024年3月:前年比2.7%
  • 2024年2月:前年比2.5%
  • 2024年1月:前年比2.4%

2024年1月からのPCEコアデフレータ(食料品とエネルギーを除く)

  • 2024年4月:前年比2.8%(予想:2.7%)
  • 2024年3月:前年比2.8%
  • 2024年2月:前年比2.8%
  • 2024年1月:前年比2.9%

このデータを見る限り、PCEデフレータは今年に入って上昇傾向ですね。

PCEコアデフレータもほぼ横ばいのため、インフレの沈静化に手こずっている印象を受けます。

今年は大統領選挙の年でもあり、株価を維持したいため、利上げはないと思いますが、数値を見る限り後1回の利上げしないとインフレは沈静化しない気がします。

ただ、利上げを後1回すれば、景気は必要以上に越し折れる可能性があるため、判断は難しいですね。

FRBの言っているように、長期の5.25-5.5%を長く続けるのが最良の選択かもしれません。

前月比で見ても、上昇傾向が維持されています。

CPI、PPI、PCEデフレータと上昇傾向ですね。

CPI、PCEデフレータはPPIの後を追う傾向があるので、7月ぐらいまでは上昇が続きそうです。

PPIは昨年の11月から上昇しています。

個人所得、個人支出、個人利息支払い

個人所得減少に伴い、個人支出、個人支払利息も下がってきました。

利上げの影響がで始めていますね。

いい傾向です。

  • 個人所得:前年比 1.04% 前回:1.31%
  • 個人支出:前年比 5.32% 前回:5.57%
  • 個人利息支払い:前年比 13.25% 前回:19.12%

Febウォッチ

Febウォッチを見ると、9月利下げの確率が高そうです。

CPI、PCEデフレータが前月と同水準のため、利下げ期待がほぼ変わらない1ヶ月となりました。

個人的にはインフレは夏までは維持、または上昇すると考えているので9月の利下げも怪しいと思っています。

情報ソース

https://www.bea.gov/news/2024/personal-income-and-outlays-april-2024

お読み頂きありがとうございました。
応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ

今、DMMFXで新規口座開設と取引に応じて300,000円のキャッシュバック!
FXを始めるならDMMFXがお得です。

株式投資を始めるならマネックス証券がオススメ!
マネックス証券でNISAなどを始めるなら、以下のバナーから登録するのが簡単です。

マネックス証券

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次