9月の米国雇用統計:予想を上回る雇用増加、失業率は上昇

当ページのリンクには広告が含まれています。

ども♪真毅です。

↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
目次

2023年10月6日に発表された米国の9月雇用統計の結果

  • 非農業部門雇用者数:33.6万人増(予想:17.0万人増)
  • 失業率:3.8%(予想:3.7%)
  • 平均時給:前月比0.2%増(前年比4.2%増)
  • 労働参加率:62.8%(予想:62.9%)

2023年10月6日に発表された米国の9月雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比33.6万人増加し、市場予想を大幅に上回りました。

失業率は3.8%と、前月から0.1%ポイント上昇しました。平均時給は前月比0.2%増で、前年比4.2%増となりました。

非農業部門雇用者数の増加は、サービス業を中心に広範囲にわたりました。特に、レジャー・娯楽、ヘルスケア、小売などの対面サービス業で雇用が拡大。

失業率の上昇は、労働力人口の増加に伴ったものとみられます。労働力人口は、前月から0.6%増加し、1.64億人となりました。

平均時給の伸び鈍化は、労働市場の需給バランスが緩和していることを示唆しています。

株価への影響

9月の雇用統計の結果を受けて、米国株式市場は急反発し、S&P500種株価指数とナスダック総合指数が1日としては8月下旬以来最大の上昇率を記録。

雇用統計の結果は、米国経済が依然として堅調であることを示唆しており、景気後退の懸念が和らいだことが、株価の上昇につながりました。

しかし、失業率の上昇は、労働市場の需給バランスが緩和しつつあることを示唆しており、今後の株価の動向には注意が必要です。

労働市場の減速の可能性

失業率の上昇や平均時給の伸び鈍化は、労働市場の減速を示す兆候として捉えられています。

失業率の上昇は、労働力供給の増加を示唆しています。労働力供給の増加は、賃金上昇圧力を緩和し、労働市場の需給バランスを緩和する可能性があります。

平均時給の伸び鈍化も、労働市場の需給バランスの緩和を示唆しています。

労働市場の減速が進むと、経済成長の鈍化につながる可能性があります。

今後の雇用統計

今後の雇用統計の動向が、米国経済の見通しを左右することになります。

失業率や平均時給の伸びが鈍化を続ければ、労働市場の減速が進んでいる可能性が高いと考えられます。

一方、失業率が低下し、平均時給の伸びが加速すれば、労働市場の需給バランスが引き締まっている可能性が高いと考えられます。

考察

9月の雇用統計は、予想を上回る雇用増加と失業率の上昇という2つの特徴的な結果となりました。

予想を上回る雇用増加は、米国経済が依然として堅調であることを示唆しています。しかし、失業率の上昇は、労働市場の需給バランスが緩和しつつあることを示唆しています。

今後の雇用統計の動向が、労働市場の減速の可能性を示すかどうかに注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

真毅のアバター 真毅 自由人

趣味はカメラ、ランニング、読書。職業はシステムエンジニア。昔はリサーチハウスで企業調査、産業分析を行っていました。目標は投資で稼いでゆっくり生きる。資格はFP2級、証券アナリスト。投資対象は日本株、米国ETF、金、暗号資産、不動産。金融資産と実物資産の両輪で資産形成。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次